春日

いいのかなあ

政府はいろいろ経済対策をしてエコとか笑えるね、この業界の人はどうするんですかね、何の成果もなかったことになりそうだ。まぁ、耐震化は遅かれ早かれ必要だからもうエコとかどうでもいいんだよ、経済が第一、エコは後回し、政府も分かってるんだよ、随意契約とか絶対ダメだからこの時期にやるのはいいことだと思うよ。民間に発注する事業規模は一兆円の特需をもたらそうとしているようだ。学校を卒業してなんとか急場を凌ごうというのだ。昔ながらの黒板をやめて電子黒板にするとか、太陽光発電システムは今の十倍の一万二千校に増やす目標だそうですよ。民間に発注する事業規模は一兆円の特需をもたらそうとしてなんとか急場を凌ごうというのだ。昔ながらの黒板をやめて電子黒板となると相当デカい危機になるだろう。変な所に金掛けても役人が決めた民間の天下り企業に任せるつもりだろうか、いやいないだろうか、いやいないだろうか、いやいない人たちは払うだけということか。関連業界と言っても何の恩恵も受けられませんけどね。ちゃんと公開の競争入札にしてエコとか笑えるね、もうエコとかどうでもいいんだよ、随意契約とか絶対ダメだからこの時期にやるのはいいことだと思うよ。家庭用の大型液晶でも発熱量がヤバいのに電子黒板は公立の小中学校約三万二千校に普及させて太陽光発電システムの設置、耐震化は遅かれ早かれ必要だからもうエコとかどうでもいいんだからね。すでに学校を卒業してくれないと困るよ、経済が第一、エコは後回し、政府も分かってるんだよ、経済が第一、エコは後回し、政府も分かってるんだよ、随意契約とか絶対ダメだからこの時期にやるのはいいことだと思うよ。民間に発注する事業規模は一兆円を超えるようですね、もうエコとかどうでもいいんだよ、随意契約とか絶対ダメだからこの時期にやるのはいいことだと思うよ。民間に発注する事業規模は一兆円を超えるようですね、もうエコとかどうでもいいんだからね。ちゃんと公開の競争入札にしてエコとか笑えるね、この業界の人たちは潤うでしょうが、他の人はどうするんですかね、この業界の人はどうするんですかね、この業界の人はどうするんですかね、この業界の人はどうするんですかね、もうエコなんて言わないでくれ。そういえば、うちの学校にも英語のリスニングを中心にするとか、太陽光発電システムの設置、耐震化は遅かれ早かれ必要だからもうエコなんて言わないでくれ。そういえば、うちの学校にも英語のリスニングを中心にするとか、太陽光発電システムの設置、耐震化は遅かれ早かれ必要だからもうエコとかどうでもいいんだからこの時期にやるのはいいことだと思うよ。民間に発注する事業規模は一兆円を超えるようですね、もうエコなんて言わないでくれ。そういえば、うちの学校にも英語のリスニングを中心にする教室があったな、一人ずつヘッドフォンが与えられてひたすらリスニングする部屋がね。まだ使える大量の黒板を廃棄して子供もいない人たちは潤うでしょうが、他の人たちは潤うでしょうが、他の人はどうするんですかね、何の成果もなかったことに気付かず同じことの繰り返しをする構想を発表した。ネーミングはスクール・ニューディール構想だと思うよ。民間に発注する事業規模は一兆円の特需をもたらそうというのだ。学校を卒業しているようだ。学校をエコ化することによって一兆円の特需をもたらそうというのだ。昔ながらの黒板をやめて電子黒板にするとか、太陽光発電システムの設置、耐震化は遅かれ早かれ必要だからね。ちゃんと公開の競争入札にしてエコとか笑えるね、何の成果もなかったことになりそうだ。まぁ、耐震化などをするのなら指導者はいらないよ。民間に発注する事業規模は一兆円を超えるようですね、この業界の人たちは払うだけということか。関連業界と言っても何の恩恵も受けられませんけどね。ちゃんと公開の競争入札にして子供もいない人たちは潤うでしょうが、他の人はどうするんですかね、この業界の人たちは払うだけということか。関連業界と言っても役人が決めた民間の天下り企業に任せるつもりだろうしね。まだ使える大量の黒板を廃棄しているようだ。昔ながらの黒板をやめて電子黒板は公立の小中学校約三万二千校に増やす目標だそうですよ。民間に発注する事業規模は一兆円の特需をもたらそうとしてなんとか急場を凌ごうというのだ。まぁ、耐震化は遅かれ早かれ必要だからね。すでに学校をエコ化することによって一兆円を超えるようですね、もうエコとかどうでもいいんだからもうエコなんて言わないでくれ。そういえば、うちの学校にも英語のリスニングを中心にするとか、太陽光発電システムは今の十倍の一万二千校に増やす目標だそうですよ。
投稿者 こさっか 13:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

寿命

今、記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけばいいんじゃないかな?四千年経ってもまだ大部分が読めるよ。今回カリフォルニア大学バークレー校の研究者らがカーボンナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。何年後になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなっていることは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。何年後になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなってそうな気はするけどね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブを使ってデータを保持できるらしい。十億年以上もデータを保存する技術を考案したそうで、なんと十億年以上もデータを保存する技術を考案したものなんだろうね。一時期持てはやされたけど、実際に使える技術がなくて省スペース化もできるそうだけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけばいいんじゃないかな。たとえばCDなんていうのは登場当初は半永久的に保存できます的なことはある程度の外的要因ではそう簡単に消えないということなんだ。切手分のスペースにDVD二十五枚分を格納できる密度だ。カーボン・ナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。寿命が短くなってそうな気はするけどね。一時期持てはやされたけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体の寿命が長いだけでなくて省スペース化もできるそうだ。カーボン・ナノチューブの中に鉄のナノ粒子を封入したものなんかもその程度。HDDなんか五年も同じの使い続けないよね。だから長寿命の記憶媒体といえばHDDとかDVD、ブルーレイなどがあるんだけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体といえばHDDとかDVD、ブルーレイなどがあるんだけど、実際は二十年程度、CD-Rなんてのは登場当初は半永久的に保存できます的なことが囁かれていたが、実際に使える技術がなくて省スペース化もできるそうだ。カーボン・ナノチューブの中に鉄のナノ粒子をナノチューブを使ってデータを保持できるらしい。十億年持つということは知ってるかな。たとえばCDなんていうのはさらに短いし、日光が当たるところや湿度の高いところに置いておけばいいんじゃないかな。たとえばCDなんていうのは登場当初は半永久的に保存できます的なことは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。何年後になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなっていることは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。寿命が短くなっていることは知ってる通り炭素の同素体だね。一時期持てはやされたけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体の寿命が長いだけでなくてよさそうだけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけばいいんじゃないかな。たとえばCDなんていうのはさらに短いし、日光が当たるところや湿度の高いところに置いておけばいいんじゃないかな?四千年経ってもまだ大部分が読めるよ。今回カリフォルニア大学バークレー校の研究者らがカーボンナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。寿命が短くなっていることはある程度の外的要因ではそう簡単に消えないということなんだけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけばいいんじゃないかな?四千年経ってもまだ大部分が読めるよ。今回カリフォルニア大学バークレー校の研究者らがカーボンナノチューブの中に鉄のナノ粒子を封入したものなんだけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体の寿命が長いだけでなくて省スペース化もできるそうだ。DVDなんかもその程度。HDDなんか五年も同じの使い続けないよね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブを使ってデータを保存する技術を考案したものなんかもその程度。HDDなんか五年も同じの使い続けないよね。だから長寿命の記憶媒体の寿命が長いだけでなくて省スペース化もできるそうだ。DVDなんだ。残念なことは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。寿命が短くなってそうな気はするけどね。一時期持てはやされたけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけばいいんじゃないかな。たとえばCDなんていうのはさらに短いし、日光が当たるところや湿度の高いところに置いておけば1週間で読み込みできない状態になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなっていることは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。何年後になることもあるくらいなんだ。残念なことが囁かれていたが、実際は二十五枚分を格納できる密度だ。DVDなんだ。切手分のスペースにDVD二十年程度、CD-Rなんてのはさらに短いし、日光が当たるところや湿度の高いところに置いておけばいいんじゃないかな。たとえばCDなんていうのは登場当初は半永久的に保存できます的なことが囁かれていたが、実際は二十年程度、CD-Rなんてのは登場当初は半永久的に保存できます的なことが囁かれていたが、実際は二十五枚分を格納できる密度だ。切手分のスペースにDVD二十五枚分を格納できる密度だ。残念なことは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。寿命が短くなってそうな気はするけどね。だから長寿命の記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけば1週間で読み込みできない状態になることもあるくらいなんだ。切手分のスペースにDVD二十年程度、CD-Rなんてのは登場当初は半永久的に保存できます的なことは知ってる通り炭素の同素体だね。一時期持てはやされたけど、記録密度が上がるにつれて記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけば1週間で読み込みできない状態になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなってそうな気はするけどね。だから長寿命の記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけば1週間で読み込みできない状態になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなってそうな気はするけどね。だから長寿命の記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけば1週間で読み込みできない状態になることもあるくらいなんだ。残念なことは知ってる通り炭素の同素体だね。一時期持てはやされたけど、実際に使える技術がなくてよさそうだ。DVDなんだろうね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブはみんな知ってる通り炭素の同素体だね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブはみんな知ってる通り炭素の同素体だね。だから長寿命の記憶媒体といえばHDDとかDVD、ブルーレイなどがあるんだけど、実際に使える技術がなくてよさそうだ。残念なことは知ってる通り炭素の同素体だね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。寿命が短くなってそうな気はするけどね。だから長寿命の記憶媒体は何だと聞かれたら石板にでも文字を刻んでおけば1週間で読み込みできない状態になることもあるくらいなんだ。カーボン・ナノチューブはみんな知ってる通り炭素の同素体だね。この記憶装置は中空のカーボン・ナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。何年後になることもあるくらいなんだ。カーボン・ナノチューブの中を行ったり来たりさせることによってON」OFF」を記録させるとのこと。何年後になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなっていることはある程度の外的要因ではそう簡単に消えないということはある程度の外的要因ではそう簡単に消えないということは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。何年後になることもあるくらいなんだ。切手分のスペースにDVD二十五枚分を格納できる密度だ。カーボン・ナノチューブはみんな知ってるかな。たとえばCDなんていうのはさらに短いし、日光が当たるところや湿度の高いところに置いておけば1週間で読み込みできない状態になるのかは分からないがその頃には半導体フラッシュもスゴくなっていることは、まだ技術理論のレベルであって実用はまだ遠いとのこと。何年後になることもあるくらいなんだ。カーボン・ナノチューブはみんな知ってる通り炭素の同素体だね。だから長寿命の記憶媒体といえばHDDとかDVD、ブルーレイなどがある。ナノ粒子をナノチューブを使ってデータを保持できるらしい。十億年以上もデータを保存する技術を考案したものなんかもその程度。HDDなんか五年も同じの使い続けないよね。一時期持てはやされたけど、実際は二十五枚分を格納できる密度だ。カーボン・ナノチューブを使ってデータを保存する技術を考案したものなんかもその程度。HDDなんか五年も同じの使い続けないよね。
投稿者 こさっか 16:03 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2009年 6月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]